HOME

フラワーコート

TF仏花・榊用スリーブ

見栄え重視+鮮度重視

もう、窮屈な思いはさせません!
自然なカーブがお客様に、お花に、売り場に大きなメリットをもたらします。
見栄え、使い勝手良好、花の鮮度も維持できます。(特許・意匠取得済)

カラーアレンジがご覧頂けます

  • 無色
商品名 TF仏花・榊用スリーブ
サイズ #30 250/50×300+50P 4H
#30 250/50×300+50P PH
#40 250/50×300+50P 4H
#40 250/50×300+50P PH

#40 260/55×300+50P DX雲竜(白)
#40 260/55×300+50P DX雲竜(紫)
#40 260/55×300+50P DX雲竜(金)
フィルム厚 #30・#40
空気穴 4H(空気穴:4個穴)  PH(空気穴:メッシュ)

1. 見栄え良好

従来の三角スリーブに比べ、仏花・榊の本来の形にちかい形状を採用することで商品の見栄えは格段に上がりました。(お花は見栄えで売り上げが変わるようです。)

2. 鮮度維持期間アップ

スリーブ下部に設けたゆとりのスペースにより窮屈感がなくなり一番蒸れやすかった場所が開放されるため、花の鮮度維持期間がアップします。(ロス率の低減にも貢献)

3. 商品の出し入れ

商品は入れやすく、出しやすい。いままでのV型に比べ商品が入れやすく出しやすいので加工現場では作業のスピードアップ。お客様は商品をスムースに取り出していただけます。

4. 結束不要。工程削減、部材コスト削減(※1)

内容物にほぼ同等な形状を採用しました。その結果、フィット感が生まれ基軸部分を結束しなくとも安定したパッケージが実現しました。また結束のためのテープやゴムひもが省けるため工程削減、部材のコストダウンもできます。さらに従来品のような結束をすることで商品完成度の高さは増します。今までのような手間のかかる折り込みの必要がないため時間短縮にお役立ちできます。

5. 商品の上下移動低下、ロス率の低下

今までのV型に比べ安定した形状をしているため、お客様の出し入れによるフィルムの釣りあがり(フィルム内での商品の上下移動)がなく、販売ロス率の低下につながります。

6. メッシュタイプは抜群の通気性

従来の仏花用メッシュスリーブに比べ、下部をオールメッシュ化にすることで蒸れ防止がさらに強化されました。さらに上部透明部分の面積拡大(1.7倍)※2により花の状態が見やすくなりました。(いままで不可能といわれていたことが可能になりました。)

<コスト>
量産体制の製造方法開発確立により、リーズナブルな価格の提供が可能になりました。

<実績>
関西・中部・関東を中心に納入開始。検討企業も多い。 受注も日増しに増えています。
 
 
(※1)平均的な仏花・榊の使用の場合(内容物のボリュームによっては合わないこともあります。
(※2)従来品当社比

お客様が手にとって、商品を戻しても形が維持できるためロス率低下に効果が期待できます。

弊社オリジナルフラワーコート
TF仏花・榊用スリーブは特許取得し、仏花・榊用スリーブの分野ではシェアNO.1をほこっております。